2016年VRマーケットは51億ドルに到達か―海外調査会社が予測 | GameBusiness.jp

2016年VRマーケットは51億ドルに到達か―海外調査会社が予測

市場 市場動向

2016年VRマーケットは51億ドルに到達か―海外調査会社が予測
  • 2016年VRマーケットは51億ドルに到達か―海外調査会社が予測
  • 2016年VRマーケットは51億ドルに到達か―海外調査会社が予測
  • 2016年VRマーケットは51億ドルに到達か―海外調査会社が予測
Oculus Riftの予約開始、ValveとHTCのVR機「Vive」の新モデル発表と活気を見せているVR界隈。海外調査会社SuperDataが2016年末に予測されるVRマーケットを報告しています。


同社のレポートでは、2016年末までに売上高が51億ドルに到達すると予測。比較的高価なデバイスとなることが予測されるOculus Riftなどのハイエンド機よりも、スマートフォンなどのモバイル端末がVR市場を牽引し、その後にハイエンドデバイスの波が来るだろうと伝えています。

理由として、若年層がVRに対して強い関心を持っているものの、ハイエンド機種への購買力を持っていないことを指摘。平均収入の低い中国でも同様の現象が起こると予測し、ハイエンド機は可処分所得を持つ18歳から54歳の層が牽引すると説明しました。


また、VR機の総販売台数は3810万と予測。内訳としてはダンボール式の「Google Cardboard」などのライト層向けモバイルVRが2710万台、「Samsung Gear VR」などのモバイル上位機が250万台、「Oculus Rift」や「HTC Vive」などのPC VRが660万台、PlayStation VRが190万台と報告しています。

いよいよ製品版の本格的な投入が始まりつつあるVR分野。新たに巨大な市場を切り拓くことができるのか、その展望に注目が寄せられることとなりそうです。
《水京》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら