『コード・オブ・プリンセス』『海腹川背』などの「アガツマ・エンタテインメント」が解散 | GameBusiness.jp

『コード・オブ・プリンセス』『海腹川背』などの「アガツマ・エンタテインメント」が解散

企業動向 発表

アガツマは、子会社であるアガツマ・エンタテインメントの解散および清算について、取締役会において決議したとの発表を行いました。

アガツマ・エンタテインメントは、『コード・オブ・プリンセス』や、3DS・PS Vita・PCに展開していた『海腹川背』シリーズなどを手がけており、アガツマにおける電子ゲーム事業を担当していました。

しかし、経営環境が悪化し収益の確保が困難な状況となり、グループ全体の収益力強化と持続的成長の実現を図るという目的のため、このたび解散および清算へと踏み切る形となりました。なお、解散は平成27年12月11日、清算結了は平成28年3月31日を予定。アガツマ・エンタテインメントが販売していた商品に関する問い合わせや不具合などは、今後アガツマが担当するとのことです。

近年の『海腹川背』シリーズを展開していた「アガツマ・エンタテインメント」が解散

《臥待 弦(ふしまち ゆずる)》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら