ハーツユナイテッド、クリエイティブ事業を行う傘下3社を合併・・・立て直し図る | GameBusiness.jp

ハーツユナイテッド、クリエイティブ事業を行う傘下3社を合併・・・立て直し図る

企業動向 発表

ハーツユナイテッド、クリエイティブ事業を行う傘下3社を合併・・・立て直し図る
  • ハーツユナイテッド、クリエイティブ事業を行う傘下3社を合併・・・立て直し図る
ハーツユナイテッドグループは、傘下でクリエイティブ事業を行う、プレミアムエージェンシー、G&D、デジタルハーツ・ビジュアルの3社合併を行い、新社名をフレイムハーツとすることを発表しました。

3社合わせた売上高は直近で約17億円ですが、営業利益は3社ともマイナスで、合計約4億5000万円となり、立て直しが急務となっていました。代表にはグループの主軸でデバッグ事業を行うデジタルハーツの代表取締役CEOを務めていた河野亮氏が就任。同氏はデジタルハーツの役職は退任して、専念することになります。

存続会社はプレミアムエージェンシー。合併により、拠点を統合し、一層の業務効率の改善を図るとしています。

なお、河野氏の後任のデジタルハーツ代表取締役CEOは取締役で、アトラス、スクウェア・エニックスなどで幹部を務めた山本純氏が就任します。その
《土本学》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら