VR系スタートアップのEmergent、220万ドルを調達 | GameBusiness.jp

VR系スタートアップのEmergent、220万ドルを調達

ゲーム開発 バーチャルリアリティ

VR系スタートアップのEmergent、220万ドルを調達
  • VR系スタートアップのEmergent、220万ドルを調達
米サンフランシスコに拠点を置くVR系スタートアップのEmergentが、Accel Partners、Google Ventures、Rothenberg Venturesより計220万ドル(約2.6億円)を調達したと発表した。

Emergentはディズニーとドリームワークスに所属していたPeter Wilkins氏とChris Wheeler氏によって設立されたスタートアップで、スマートフォンやタブレットの背面カメラから高解像度の360°パノラマコンテンツをキャプチャしそれを共有するプラットフォームを開発している。

同社の技術によってキャプチャされたパノラマコンテンツは、YoutubeやFacebook、Googleストリートビューに投稿・共有も可能で、さらにパノラマコンテンツと動画を組み合わせる独自技術「Mobius」も開発中とのこと。
《籠谷千穂》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら