スタンフォード大学、VR酔いを軽減するヘッドマウントディスプレイ「Light Field Stereoscope」を発表 | GameBusiness.jp

スタンフォード大学、VR酔いを軽減するヘッドマウントディスプレイ「Light Field Stereoscope」を発表

ゲーム開発 バーチャルリアリティ

米スタンフォード大学の研究チームが、従来のものよりも没入度が高くVR酔いが軽減されるVR用ヘッドマウントディスプレイ(HMD)「Light Field Stereoscope」のプロトタイプを発表した。

「Light Field Stereoscope」は、NVIDIAの協力のもと開発されているVR HMDで、自然な光照射野を再現する複層ディスプレイを使用することでユーザーの目への負担をなくし、装着中の疲労感や酔いを軽減させ長めのVRコンテンツもストレスなく楽しめるというもの。同大学の研究チームは8月9日~13日まで米ロサンゼルスにて開催される「SIGGRAPH 2015」にてお披露目をするという。



《籠谷千穂》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら