90年代ヒットメーカーMidway Gamesに迫るドキュメンタリーが制作中―Kickstarterで資金調達開始 | GameBusiness.jp

90年代ヒットメーカーMidway Gamesに迫るドキュメンタリーが制作中―Kickstarterで資金調達開始

文化 その他

90年代ヒットメーカーMidway Gamesに迫るドキュメンタリーが制作中―Kickstarterで資金調達開始
  • 90年代ヒットメーカーMidway Gamesに迫るドキュメンタリーが制作中―Kickstarterで資金調達開始
  • 90年代ヒットメーカーMidway Gamesに迫るドキュメンタリーが制作中―Kickstarterで資金調達開始
現在は既に倒産してしまったものの、90年代に『Mortal Kombat』や『NBA Jam』、『Terminator 2: The Arcade Game』などのヒットアーケードゲームを手がけた米ゲームデベロッパー、Midway Gamesに迫るドキュメンタリー「Insert Coin: Inside Midway's '90s Revolution」が制作されており、Kickstarterにて資金の調達が行われています。


管理者もプロデューサーもおらず、開発者に無制限の環境が与えられていたというMidway Games。本ドキュメンタリーでは小さなアイデアから大ヒットゲームを生み出した各チームの開発者が、ゲームの開発経緯、成功と挫折、様々な騒動を語るとのこと。中には、スティーブン・スピルバーグによるチーム引き抜き未遂やマコーレ・カルキンとその兄弟による横行、開発者をダイブバーに連れ出すWWEレスラーなど、興味深い話も含まれているようです。


「Insert Coin: Inside Midway's '90s Revolution」の目標金額は75,000ドル。集まった資金は様々な国に住む関係者のインタビューを撮るための旅費や、制作中に必要となる人員(作家、カメラ、録音、編集)のために使用され、高品質で洗練されたドキュメンタリーを目指すと伝えられています。


なお、プロジェクトの発案者であるJoshua Tsui氏自身も過去にMidway Gamesで働いていたスタッフの1人であり、『Mortal Kombat II』ではサブゼロ(エンディング)、『Mortal Kombat 4』リュウ・カン(フェイスモデル)としてゲームに登場しています。現在は『Tony Hawk's Pro Skater 5』を開発中のRobomodoにて社長を務めています。
《RIKUSYO》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら