米国アニメエキスポ2015、入場者は過去最高の9万500人 日本のゲームメーカーも出展 | GameBusiness.jp

米国アニメエキスポ2015、入場者は過去最高の9万500人 日本のゲームメーカーも出展

市場 海外市場

 
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
米国最大の日本アニメとポップカルチャーのイベントであるアニメエキスポ(Anime Expo)の参加者が過去最高を記録した。7月7日(現地時間)、イベントを運営する日本アニメーション振興会(SPJA)は、7月2日から5日までの4日間の参加者数が9万500人、延べ人数で26万700人に達しことを発表した。
参加者数では前回2014年から12%増、延べ人数では18%増となった。いずれも二桁の延びとなり、3年連続での高成長を実現した。しかし、開催前に見込んでいた参加者10万人超、延べ人数28万人超には達しなかった。

アニメエキスポは、米国を代表するアニメコンベンションとして広く知られてきた。1992年にスタートしたが、2010年代に入り成長が加速している。2015年の会場では、若い世代のファンが多くみられ、新しいアニメファンを多く惹きつけていることがわかる。
参加者の増加により、企業側の動きも活発になっている。2015年は米国のほか日本からも含めた企業の参加数は300を超えた。アニプレックスUSAやファニメーション(FUNimation)、VIZ Mediaといった日本アニメの配給会社のほか、クランチロール(Crunchyroll)やDAISUKI、Huluといった動画プラットフォームの存在感の大きさも2015年の特徴だ。またゲームからもバンダイナムコ、アトラスUSAのほかgumi、ガンホーなどの参加も目を惹いた。

SPJAのCEOであるマーク・ペレスは今回のイベントについて、アニメエキスポ2015は大きな成功を収めた、イベントを支えてくれた1600人のボランティアに感謝するとコメントした。さらに今後も改善を重ねてよりよいイベントを目指すとする。
2016年のスケジュールもすでに決まっている。7月1日から4日まで、本年と同じロサンゼルス・コンベンションセンターにて開催される。2016年はイベントスタートから25周年となる。これまで以上に力をいれた年になりそうだ。

アニメエキスポ(Anime Expo)
http://www.anime-expo.org/

[アニメ!アニメ!ビズ/www.animeanime.bizより転載記事

米国アニメエキスポ2015 入場者が過去最高9万500人で12%増、延べ26万人超に

《アニメ!アニメ!ビズ/www.animeanime.biz》

関連ニュース

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら