中国オンラインゲーム大手「空中网」(KONGZHONG)が日本法人を設立 東京ゲームショウ2014にも出展 | GameBusiness.jp

中国オンラインゲーム大手「空中网」(KONGZHONG)が日本法人を設立 東京ゲームショウ2014にも出展

その他 その他

中国オンラインゲーム開発大手の「  空中网  」(KONGZHONG)が、東京都新宿区に日本法人「KONGZHONG JP/空中網JP株式会社」を設立し、日本国内展開第一弾として9月18日〜21日まで幕張メッセにて開催される「東京ゲームショウ2014」に出展すると発表した。
  • 中国オンラインゲーム開発大手の「  空中网  」(KONGZHONG)が、東京都新宿区に日本法人「KONGZHONG JP/空中網JP株式会社」を設立し、日本国内展開第一弾として9月18日〜21日まで幕張メッセにて開催される「東京ゲームショウ2014」に出展すると発表した。
中国オンラインゲーム開発大手の「空中网」(KONGZHONG)が、東京都新宿区に日本法人「KONGZHONG JP/空中網JP株式会社」を設立し、日本国内展開第一弾として9月18日〜21日まで幕張メッセにて開催される「東京ゲームショウ2014」に出展すると発表した。

KONGZHONGは、中国・北京を拠点にオンラインゲーム開発・運営を手がける企業。中国国内では、PCオンラインゲーム、スマートフォンオンラインゲーム、モバイル関連サービスの3本を主軸に事業を展開しており、2002年の創業以来急成長を遂げ、2004年には米ナスダック(NASDAQ KZ)への上場を果たしている。

今回設立されたコンゾン・ジャパンでは、日本国内のゲームタイトルの中国展開及びKONGZHONGが中国展開しているゲームタイトルの日本展開、日本国内のアニメ・IPなどの中国展開、日中展開を視野に入れたゲームの共同開発を展開していく予定で、東京ゲームショウの出展ブースにて年次計画など資料を用意のうえ日本国内での活動内容やパートナー企業との取り組み内容などを説明するとしている。
《籠谷千穂》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら