スペインのソーシャルゲームディベロッパーSocial Point、3000万ドルを調達 | GameBusiness.jp

スペインのソーシャルゲームディベロッパーSocial Point、3000万ドルを調達

スペイン・バルセロナに拠点を置くソーシャルゲームディベロッパーの Social Point が、Highland Capital Partners Europeがリードする投資ラウンドにて計3000万ドル(約30億円)を調達した。

その他 その他
スペイン・バルセロナに拠点を置くソーシャルゲームディベロッパーの  Social Point  が、Highland Capital Partners Europeがリードする投資ラウンドにて計3000万ドル(約30億円)を調達した。
  • スペイン・バルセロナに拠点を置くソーシャルゲームディベロッパーの  Social Point  が、Highland Capital Partners Europeがリードする投資ラウンドにて計3000万ドル(約30億円)を調達した。
スペイン・バルセロナに拠点を置くソーシャルゲームディベロッパーのSocial Pointが、Highland Capital Partners Europeがリードする投資ラウンドにて計3000万ドル(約30億円)を調達した。

Social Pointは2008年に設立されたソーシャルゲームディベロッパーで、以前はFacebookにて30タイトル以上ものタイトルを提供していたが現在はスマートフォン向けのゲームアプリを主力としている。特に『Dragon City』と『Monster Legends』は月間アクティブユーザーが5000万人を突破する人気タイトルで、同社のゲームアプリのダウンロード数は1億5000万件を突破している。同社は今後新たなモバイル向けタイトルを3作リリースする予定で、さらに今回得た資金により本格的にアジア進出も行っていくとしている。

《籠谷千穂》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら