YouTubeが60fpsに対応、『バトルフィールド ハードライン』や『タイタンフォール』のサンプル映像も | GameBusiness.jp

YouTubeが60fpsに対応、『バトルフィールド ハードライン』や『タイタンフォール』のサンプル映像も

その他 その他


現在まで高いfpsにてアップロードしても内部エンコードにて30fps程度へと制限されてしまうことが囁かれてきた動画共有サイトYouTube。ついにそのYouTubeが60fpsに対応することが明らかにされました。

これは映像クリエイター向けに情報を提供するYouTube Creatorsの公式Twitterアカウントが報告した情報で、「60FPS。我々が48および60fpsのサポートをローンチした際には、凄まじいモーションの映像はYouTube上でよりよく見えるだろう。近日中に」とツイート。近日中にも最大60fpsをサポートすることが明言されています。

ゲーム業界ではYouTuberのようなユーザーたちが投稿するプレイ映像だけでなく、パブリッシャーから公開されるプレイ映像やトレイラーなどにもよくよく使われているYouTube。PCや次世代機などビジュアルの進化がさらに進む中、その迫真のグラフィックをより本物に近いクオリティで確認する機会が今後増えていくこととなりそうです。

なおすでに一部クリエイターにて60fpsの映像が公開されており、『Battlefield Hardline』や『Titanfall』のハイフレームレートプレイ映像も確認可能となっています。



《GameBusiness.jp》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら