国内トレーディングカードゲーム市場が復調、9ヶ月ぶりに前年比超 ― 『遊戯王』シリーズが牽引 | GameBusiness.jp

国内トレーディングカードゲーム市場が復調、9ヶ月ぶりに前年比超 ― 『遊戯王』シリーズが牽引

その他 その他

メディアクリエイトは、国内トレーディングカードゲームの販売数が9ヶ月ぶりに前年を上回ったという市場調査結果を公表しました。
  • メディアクリエイトは、国内トレーディングカードゲームの販売数が9ヶ月ぶりに前年を上回ったという市場調査結果を公表しました。
  • メディアクリエイトは、国内トレーディングカードゲームの販売数が9ヶ月ぶりに前年を上回ったという市場調査結果を公表しました。
メディアクリエイトは、国内トレーディングカードゲームの販売数が9ヶ月ぶりに前年を上回ったという市場調査結果を公表しました。

国内で唯一、トレーディングカードゲーム市場のデータを集計しているメディアクリエイトのWEBサービス「TAND」は、2014年5月(4月28日〜6月1日)の総販売数が、前年同月比103.7%に達したと報じました。トレーディングカードゲームの年間市場規模は、2011年度に1,000億円を突破したものの、その後は下降傾向にあり、2013年度には881.9億円にまで落ち込んでいました。2013年8月以来、9ヶ月ぶりに前年を上回ったことになり、同社は、これを機にトレーディングカードゲーム市況が回復基調に向かうとの見解を示しています。


◆トレーディングカードゲームの総販売数
・期間:2014年4月28日〜6月1日
・総販売数:40,220,869個
・前年同月比:103.7%

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
同社は、今回の前年比増をもたらした要因について、主要シリーズである『遊戯王OCG』の復調にあるとしています。同シリーズは、2013年6月以来約1年ぶりに前年実績を上回る結果(金額ベースで前年比110.8%)となっており、約15年間に渡って市場を牽引してきたシリーズの復調によって、市場全体を活性化すると考えています。

販売数ベースでは前年比を上回った2014年5月ですが、金額ベースでは8,304,329,000円(前年対比92.1%)と、不透明な状況も続いています。しかし、2012年5月の実績(8,349,801千円)とほぼ同水準であることや、『遊戯王OCG』が幅広いユーザーから支持を得ていることなどから、トレーディングカードゲーム市況が上向き、低迷を脱しつつあると判断しています。

詳細なTCG販売データおよびランキングは、同社WEBサービス「TAND」に掲載されているので、トレーディングカードゲーム市況に興味がある方はぜひチェックしてみてください。


遊戯王 アーク・ファイブ
(C)高橋和希 スタジオ・ダイス/集英社 企画・制作/KONAMI
《津久井箇人》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら