SXSWで「Gaming Awards」を発表―日本作品は『マリオワールド』『二ノ国』 | GameBusiness.jp

SXSWで「Gaming Awards」を発表―日本作品は『マリオワールド』『二ノ国』

その他 その他

アメリカのテキサス州オースティンで7日から開催されている音楽や映画からゲームやインタラクティブ分野までカバーする大規模イベントSouth by Southwest(SXSW)。本イベントにて「SXSW Gaming Awards」授賞式が行われ、受賞作品が発表されました。

Game of the Yearを含む4部門でNaughty Dogの『The Last of Us』が受賞するという快挙を達成。日本の作品では、アニメーション部門で『二ノ国 白き聖灰の女王』が受賞、ベストマルチプレイヤー部門で『スーパーマリオ 3Dワールド』が受賞しています。

全15部門の受賞作品は以下の通りです。

ゲームプレイ部門
『Brothers: A Tale of Two Sons(ブラザーズ 2人の息子の物語)』
開発Starbreeze Studios

アート部門
『Bioshock Infinite(バイオショック インフィニット)』
パブリッシャー2K Games、開発Irrational Games

アニメーション部門
『Ni No Kuni: Wrath of the White Witch(二ノ国 白き聖灰の女王)』
開発スタジオ・ジブリとレベルファイブ

技術功績部門
『Grand Theft Auto V(グランド・セフト・オートV)』
開発Rockstar North

物語部門
『The Last of Us(ラスト オブ アス)』
開発Naughty Dog

ゲームデザイン部門
『Tearaway(Tearaway 〜はがれた世界の大冒険〜)』
開発Media Molecule

ベストマルチプレイヤー部門
『Super Mario 3D World(スーパーマリオ 3Dワールド)』
開発任天堂と1-Up Studio

ゲームマーケティング部門
『Assassin's Creed IV: Black Flag(アサシン クリード4 ブラック フラッグ)』
開発Ubisoft Montreal

コンバージェンス部門
『Injustice: Gods Among Us(インジャスティス: 神々の激突)』
開発NetherRealm Studios

SFX部門
『The Last of Us(ラスト オブ アス)』
開発Naughty Dog

音楽部門
『The Last of Us(ラスト オブ アス)』
開発Naughty Dog

オースティンクロニクルが送るテキサス芸術功労賞
(Texas Arts Achievement Award Presented by Austin Chronicle)
『Galactic Cafe』
開発The Stanley Parable

ゲーマーの声賞(Gamer’s Voice Award)
『Nidhogg』
開発Messof

マテュー・クランプ文化イノベーション賞
『Papers, Please』
開発Lucas Pope

Game of the Year
『The Last of Us(ラスト オブ アス)』
開発Naughty Dog
《GameBusiness.jp》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら