エビリー、ゲームプレイ動画の録画・共有SDK「maro」を提供開始 | GameBusiness.jp

エビリー、ゲームプレイ動画の録画・共有SDK「maro」を提供開始

その他 その他

株式会社エビリー  が、ゲームプレイ動画の録画・共有SDK「maro」のβ版の提供を開始した。iOSとUnity上で利用できる。
  • 株式会社エビリー  が、ゲームプレイ動画の録画・共有SDK「maro」のβ版の提供を開始した。iOSとUnity上で利用できる。
  • 株式会社エビリー  が、ゲームプレイ動画の録画・共有SDK「maro」のβ版の提供を開始した。iOSとUnity上で利用できる。
株式会社エビリーが、ゲームプレイ動画の録画・共有SDK「maro」のβ版の提供を開始した。iOSとUnity上で利用できる。

「maro」は、スマートフォンゲームのプレイ動画を簡単に録画しFacebook、Twitter、LINE、YouTube、mixiといったSNS上で共有できるSDK。導入第1弾として株式会社SearchのiOS向けゲームアプリ「ダイブマン」にmaroSDKが組み込まれている。「ダイブマン」では、ゲーム開始時に自動で録画を開始し、ゲーム終了後にプレビューボタンをクリックするとゲームプレイ動画を再生できるようになっている。maroSDKの開発者向けページはこちら

《籠谷千穂》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら