ソフトギアの3Dエンジン「Graphyte」、Androidへの対応を開始 | GameBusiness.jp

ソフトギアの3Dエンジン「Graphyte」、Androidへの対応を開始

その他 その他

株式会社ソフトギア  が、同社が提供する3Dエンジン「  Graphyte  」(グラファイト)がAndroidへの対応を開始したと発表した。
  • 株式会社ソフトギア  が、同社が提供する3Dエンジン「  Graphyte  」(グラファイト)がAndroidへの対応を開始したと発表した。
株式会社ソフトギアが、同社が提供する3Dエンジン「Graphyte」(グラファイト)がAndroidへの対応を開始したと発表した。

「Graphyte」は、Windows、iOS、Androidに対応した3Dエンジン。マルチコア型CPUに最適化された描画機能やタスク管理機能を持っており、モデル描画やアニメーション再生、シェーダー管理機能などのサポートや、物理シミュレーションでの高速な演算処理も提供する。もともと異なるプラットフォーム間で動作させる事を前提に設計されており、他のプラットフォームで動作するアプリケーションのデータやソースコードをそのまま活用して別のプラットフォームで動作させることが可能。

なお、同社では今回のAndroid対応に合わせ、動作検証用アプリ「Floatland」のAndroid版もリリースしている。ダウンロードは無料
《籠谷千穂》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら