LINE、「livedoor ニュース」「NAVER まとめ」のノウハウを活かしたメディアサービス「LINE NEWS」を提供開始 | GameBusiness.jp

LINE、「livedoor ニュース」「NAVER まとめ」のノウハウを活かしたメディアサービス「LINE NEWS」を提供開始

その他 その他

LINE株式会社  が、同社が運営するスマートフォン向け無料通話・メールアプリ「  LINE  」にて、LINEとして初めてのメディアサービス「LINE NEWS」の提供を開始した。
  • LINE株式会社  が、同社が運営するスマートフォン向け無料通話・メールアプリ「  LINE  」にて、LINEとして初めてのメディアサービス「LINE NEWS」の提供を開始した。
  • LINE株式会社  が、同社が運営するスマートフォン向け無料通話・メールアプリ「  LINE  」にて、LINEとして初めてのメディアサービス「LINE NEWS」の提供を開始した。
  • LINE株式会社  が、同社が運営するスマートフォン向け無料通話・メールアプリ「  LINE  」にて、LINEとして初めてのメディアサービス「LINE NEWS」の提供を開始した。
LINE株式会社が、同社が運営するスマートフォン向け無料通話・メールアプリ「LINE」にて、LINEとして初めてのメディアサービス「LINE NEWS」の提供を開始した。

「LINE NEWS」は、既に同社が運営している「livedoor ニュース」で培ったポータルニュースサイトの編集力と「NAVER まとめ」のキュレーションの革新性を集約・再構築したメディア。「LINE NEWS」編集部の手を介した編集作業によるエンタメ・スポーツ・政治経済・トレンド情報など幅広いジャンルのニュースの要点を短時間で「ざっくり」と把握することが可能で、 話題の事件やニュースなどは第一報から現在までの流れを時系列にまとめてトピック表示、フリック操作で当該話題の全体像を簡単に把握することができる。またユーザーが閲覧したトピックを認識し、その後に届く関連記事を「続報」としてプッシュ通知する。なお、LINE公式アカウントから自動配信している「LINE NEWS」はアプリと連動し「定時配信」として提供を継続していく。

今回の「LINE NEWS」リリースに際し、LINE株式会社 執行役員の島村武志氏は以下のようにコメントしている。

PCからスマートフォンのようにニュースを受け取るデバイスやプラットフォームは時代とともに変化し、都度、新しいニュースサービスについて語られますが、実はニュース、そしてニュースを見たいというユーザーのニーズ自体は変化しません。今、変わらなければいけない、進化しなければいけないのは「ニュースの受け取り方」。「LINE NEWS」は「やさしいニュース」という視点で、「ニュースの受け取り方」にイノベーションを起こし、No.1ニュースサービスを目指してまいります。
《籠谷千穂》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら