「京都都国際マンガ・アニメフェア 2013」出展企業・作品が公開、カプコンや「進撃の巨人」等が新規出展 | GameBusiness.jp

「京都都国際マンガ・アニメフェア 2013」出展企業・作品が公開、カプコンや「進撃の巨人」等が新規出展

京都国際マンガ・アニメフェア実行委員会は本日、「京まふ2013」の詳細内容についての第2回記者会見を行いました。

その他 その他
京都国際マンガ・アニメフェア実行委員会は本日、「京まふ2013」の詳細内容についての第2回記者会見を行いました。
  • 京都国際マンガ・アニメフェア実行委員会は本日、「京まふ2013」の詳細内容についての第2回記者会見を行いました。
  • 京都国際マンガ・アニメフェア実行委員会は本日、「京まふ2013」の詳細内容についての第2回記者会見を行いました。
  • 京都国際マンガ・アニメフェア実行委員会は本日、「京まふ2013」の詳細内容についての第2回記者会見を行いました。
京都国際マンガ・アニメフェア実行委員会は本日、「京まふ2013」の詳細内容についての第2回記者会見を行いました。

「京都都国際マンガ・アニメフェア 2013」は9月7日(土)〜9月8日(日)に開催される、関西圏企業と首都圏企業を結ぶビジネスマッチングの場の創出、関西で優秀な若手クリエイターが育つための市場づくり、マンガ・アニメファン及び外国人も含めた観光客の新たな層の掘り起こしなど、関西圏のコンテンツ市場の拡大を図る総合見本市です。

今回からの特別企画として「JAPAN EXPO」との共同企画による巡回パネル展とブース相互出展が行われます。世界最大の日本関連イベント「JAPAN EXPO」(フランス・アメリカ)との共同企画として、日本・フランス・アメリカを代表するクリエイターによる描き下ろしイラストのパネル巡回展が実施されます。日本のクリエイターは京都にゆかりのあるマンガ創作集団「CLAMP(クランプ)」が担当します。

また、会場内の「伝統産業ふれあい館」(地下1階)では、 京都の伝統産業を代表する「京友禅」の伝統的技法を学びつつ、職人の指導の下、マンガ・アニメ作品 のオリジナルグッズ(団扇、ハンカチなど)を制作す るコーナーが設置。会場の1階の「キャラ食ゾーン」では,アニメとコラボした飲食ゾーンが新たに設置されます。ここでは、京まふ出展作品の一部が、コラボメニューを提供するとのことです。

その他、昨年開催された「京まふ 2012」のステージイベント出演者サイン&写真展や来場者限定プレゼントの実施など様々な催しが予定されています。

さらに、出展企業・団体、出展作品も新たに公開されました。今年は、昨年開催時を超える44の企業・団体が出展されます。

■出展企業・団体
・イーステージ
・大阪放送
・角川グループ
・京都嵯峨芸術大学
・京都精華大学
・京都情報大学院大学 京都コンピュータ学院
・講談社
・神戸市
・コミックゼノン
・集英社ウルトラジャンプ
・ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント
・小学館New!
・しろくまカフェNew!
・STUDIO4°C
・総合学園ヒューマンアカデミー
・ティ・ジョイ
・手塚プロダクション
・東映アニメーション
・日本テレビ
・パンダのたぷたぷ製作委員会
・ピーエーワークス
・フロンティアワークス
・毎日放送
・讀賣テレビ放送
・リブリカ
・JAPANEXPO

■新規出展企業・団体
・アニメイトカフェ
・「有頂天家族」製作委員会
・ガイナックス
・カプコン
・グッドスマイルカフェ&カラオケの鉄人
・COMプランニング
・ザ・ピープル
・「進撃の巨人」製作委員会
・東洋美術学校
・BSフジジャパコンTV
・ヒューマンメディア
・「魔女っこ姉妹のヨヨとネネ」製作委員会
・澪クリエーション
・ローソン

■出展作品
・いくさの子−織田三郎信長伝−
・犬とハサミは使いよう
・宇宙兄弟
・有頂天家族
・革命機ヴァルヴレイヴ
・ガッチャマン クラウズ
・帰宅部活動記録
・義風堂々!!兼続と慶次
・キャプテンハーロック
・京騒戯画
・ぎんぎつね
・GJ部
・しろくまカフェ
・進撃の巨人
・ステラ女学院高等科シーキューブ
・「戦国 BASARA」シリーズ
・ちはやふる2
・超次元ゲイムネプテューヌ
・DD北斗の拳
・手塚治虫のブッダ2
・天元突破グレンラガン
・とある科学の超電磁砲S
・東京レイヴンズ
・どこでも本屋さん
・劇場版 薄桜鬼
・ブラッドラッド
・Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ
・PES(Peace Eco Smile)
・ヘタリア The Beautifu lWorld
・魔女っこ姉妹のヨヨとネネ
・機巧少女は傷つかない
・名探偵コナン
・やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。
・楽園追放

上記以外にも今後、作品の情報解禁が行われ次第、出展作品は随時追加されていくとのことなので是非お楽しみに。

(C)CLAMP・ShigatsuTsuitachi CO.,LTD.
Kyoto international Manga Anime Fair All Rights reserved.
Kyomaf logo designed by Keita Amemiya (C)CHRONOGEAR CREATIVE,LTD.
Official character designed by Kosuke Fujishima (C) Kosuke Fujishima
《GameBusiness.jp》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら