ロシアのスマホ向けゲームディベロッパーPlaytox、300万ドル資金調達 | GameBusiness.jp

ロシアのスマホ向けゲームディベロッパーPlaytox、300万ドル資金調達

その他 その他

ロシア・ノヴォシビルスクに拠点を置くスマートフォン向けゲームディベロッパーの  Playtox  が、ベンチャーキャピタルのRuna CapitalがリードするシリーズAラウンドにて300万ドル(約3億円)の資金調達を行った。
  • ロシア・ノヴォシビルスクに拠点を置くスマートフォン向けゲームディベロッパーの  Playtox  が、ベンチャーキャピタルのRuna CapitalがリードするシリーズAラウンドにて300万ドル(約3億円)の資金調達を行った。
ロシア・ノヴォシビルスクに拠点を置くスマートフォン向けゲームディベロッパーのPlaytoxが、ベンチャーキャピタルのRuna CapitalがリードするシリーズAラウンドにて300万ドル(約3億円)の資金調達を行った。

Playtoxは、敢えてネイティブアプリとしてではなくHTML5で開発しWebブラウザベースで各種ゲームを提供しているスタートアップ。そのためどんな種類のスマートフォンからもプレイでき、現在ロシア国内とCIS諸国だけで2500万ユーザーを有しているという。現在同社では10種類のゲームを提供しているが、モバイル向けゲーム市場が急成長しているアジアとラテンアメリカへの進出も視野に入れているとのことで、今回調達した資金により人材獲得を行うと共にさらにHTML5ベースのタイトルを開発を進めていくという。
《籠谷千穂》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら