「東北ITコンセプト 福島GameJam 2013」の参加申し込み受付開始 公式ポスター&ロゴも決定 | GameBusiness.jp

「東北ITコンセプト 福島GameJam 2013」の参加申し込み受付開始 公式ポスター&ロゴも決定

その他 その他

特定非営利活動法人国際ゲーム開発者協会日本(以下IGDA日本)  が、8月3日(土〜4日(日)に開催するゲーム開発イベント「  東北ITコンセプト 福島GameJam 2013  」の参加者申込受付を開始した。締め切りは6月末日まで。募集要項と参加申込は  こちら  から。
  • 特定非営利活動法人国際ゲーム開発者協会日本(以下IGDA日本)  が、8月3日(土〜4日(日)に開催するゲーム開発イベント「  東北ITコンセプト 福島GameJam 2013  」の参加者申込受付を開始した。締め切りは6月末日まで。募集要項と参加申込は  こちら  から。
  • 特定非営利活動法人国際ゲーム開発者協会日本(以下IGDA日本)  が、8月3日(土〜4日(日)に開催するゲーム開発イベント「  東北ITコンセプト 福島GameJam 2013  」の参加者申込受付を開始した。締め切りは6月末日まで。募集要項と参加申込は  こちら  から。
特定非営利活動法人国際ゲーム開発者協会日本(以下IGDA日本)が、8月3日(土〜4日(日)に開催するゲーム開発イベント「東北ITコンセプト 福島GameJam 2013」の参加者申込受付を開始した。締め切りは6月末日まで。募集要項と参加申込はこちらから。

「GameJam」とは、その場で即席のゲーム開発チームを組んで限られた時間内にゲームを一つ完成させるという開発者向けのイベント。既に世界各地で開催されており、日本でも東京など都市部で開催されてきた。IGDA日本は2011年より「福島GameJam」を開催しており、その取り組みが国内外のメディアやゲーム関係者から高く評価された。今年は昨年までの南相馬市に加えて郡山市にも会場を開設し福島県内にて広域開催する。それに先駆け、参加者向け事前セミナーを7月に開催するほか、当日見学者向けセミナーやワークショップも行う。

また、開催テーマである「GameJamを通したIT 分野の人材育成」「震災被災地の今と、復興に向けた取り組みと力強さの国内外への発信」「広域ITクラスター実現の礎とする」をテーマとして象徴するポスター&ロゴ・コンテストも開催し、その受賞作品が決定した。作品を手がけたのは 赤井 峻(Shun Akai)さんで、本ポスターとロゴは今後公式サイトや会場での掲示をはじめとしたイベントのメインビジュアルとして活用される。
開催概要は以下のとおり。

■正式名称: 東北IT コンセプト 福島GameJam 2013
■公式サイト: http://fgj.igda.jp/
■主催:特定非営利活動法人 国際ゲーム開発者協会日本 (NPO 法人 IGDA 日本)
■共催:福島県南相馬市,国際ゲーム開発者協会東北(IGDA 東北)
■協賛:サイバーズ株式会社,株式会社グルーブシンク,AIM ENTERPRISE Inc.,OPTPiX Sprite Studio,マッチロック株式会社,IPQuick,株式会社CRI・ミドルウェア, ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社,オートデスク株式会社,WiZ 専門学校 国際情報工科大学校(順不同・現在複数社に協賛依頼中)
■期間:2013 年8 月3 日(土曜)〜4 日(日曜)
■会場:
浜通り南相馬会場・市民文化会館ゆめはっと
中通り郡山会場・WiZ 専門学校 国際情報工科大学校
■協力:onionfly.tv,財団法人南相馬市文化振興事業団,BaNyaK 他
■サテライト会場:
国内: 東京・東京工科大学, 東京・専門学校HAL 東京, 神奈川・湘北短期大学,名古屋・インティ・クリエイツ会場,沖縄・サマータイムスタジオ,京都(調整中),石川(調整中)
海外: オーストラリア・シドニー(調整中),コロンビア(調整中)
《籠谷千穂》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら