米スマホ向けゲームアプリディベロッパーのZipline Games、75万ドル資金調達 | GameBusiness.jp

米スマホ向けゲームアプリディベロッパーのZipline Games、75万ドル資金調達

その他 その他

米ワシントン州マーサーアイランドに拠点を置くモバイル向けゲームアプリディベロッパーの  Zipline Games  が、ベンチャーキャピタルのBenaroya Capital、Groundspeak、Pioneer Venture Partnersといった投資家達から新たに75万ドルの資金調達を行った。
  • 米ワシントン州マーサーアイランドに拠点を置くモバイル向けゲームアプリディベロッパーの  Zipline Games  が、ベンチャーキャピタルのBenaroya Capital、Groundspeak、Pioneer Venture Partnersといった投資家達から新たに75万ドルの資金調達を行った。
米ワシントン州マーサーアイランドに拠点を置くモバイル向けゲームアプリディベロッパーのZipline Gamesが、ベンチャーキャピタルのBenaroya Capital、Groundspeak、Pioneer Venture Partnersといった投資家達から新たに75万ドルの資金調達を行った。

同社はiOS、Android及びChrome Webブラウザ向けにゲームアプリを開発・提供している企業で、特にスマートフォン向けゲームアプリ『Wolf Toss』が知られている。また同社はWhindows、Mac、Linux、iOS、Androidに対応する独自のクラウド型のゲーム開発プラットフォーム「Moai mobile gaming development platform」も運営している。

これまでにも同社はシードラウンドで既に200万ドルの資金調達を行っており、今回調達した資金も合わせ、今後ゲームスタジオでの人材獲得を進め新タイトルの開発やMoaiプラットフォームの運営に注力するとしている。
《籠谷千穂》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら