スマートフォン向けARアプリ『ARAPPLI』がシンガポール進出 | GameBusiness.jp

スマートフォン向けARアプリ『ARAPPLI』がシンガポール進出

その他 その他

アララ株式会社  が、同社が提供するスマートフォンAR(拡張現実)アプリ『ARAPPLI(アラプリ)』がシンガポール政府主催のお祭り「Chingay Parade 2012(チンゲイパレード)」に採用されたと発表した。
  • アララ株式会社  が、同社が提供するスマートフォンAR(拡張現実)アプリ『ARAPPLI(アラプリ)』がシンガポール政府主催のお祭り「Chingay Parade 2012(チンゲイパレード)」に採用されたと発表した。
アララ株式会社が、同社が提供するスマートフォンAR(拡張現実)アプリ『ARAPPLI(アラプリ)』がシンガポール政府主催のお祭り「Chingay Parade 2012(チンゲイパレード)」に採用されたと発表した。

Chingay Paradeは1973年に当時のリー・クアンユー首相の発案で実現した中国正月を祝うシンガポール人の国民的祭典。チンゲイ(Chingay)とは粧芸、仮装の技という意味でパレードでは美しい装飾が施されたドラゴン等が登場。昨年は1日15万人が会場を訪れた。

パレード当日は、ARマーカーが掲載された1M×1Mのポスターが10ケ所のゲートに設置され、観客がスマートフォンを使ってマークをかざすと、シンガポール特有の[リボンドラゴン]が壁を突き破って出現するというコンテンツが提供された。
《籠谷千穂》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら