ロックマンが「アジアグラフ2011」のデザイン公募テーマに決定 | GameBusiness.jp

ロックマンが「アジアグラフ2011」のデザイン公募テーマに決定

その他 その他

カプコンは、デジタルコンテンツの祭典「アジアグラフ2011」にて「ロックマン」が「CG アートギャラリー特別公募部門」のデザイン公募テーマに採用されたことを発表しました。
  • カプコンは、デジタルコンテンツの祭典「アジアグラフ2011」にて「ロックマン」が「CG アートギャラリー特別公募部門」のデザイン公募テーマに採用されたことを発表しました。
  • カプコンは、デジタルコンテンツの祭典「アジアグラフ2011」にて「ロックマン」が「CG アートギャラリー特別公募部門」のデザイン公募テーマに採用されたことを発表しました。
カプコンは、デジタルコンテンツの祭典「アジアグラフ2011」にて「ロックマン」が「CG アートギャラリー特別公募部門」のデザイン公募テーマに採用されたことを発表しました。

「アジアグラフ2011」は、財団法人デジタルコンテンツ協会が主催する「デジタルコンテンツEXPO 2011」の一環で2006年から開催。デジタルコンテンツ産業を支えるアジアのトップCGクリエーターや制作プロダクションが、最先端技術の発表や作品の展示を行うアジア最大のメディア芸術イベント。そこで、将来を担うクリエーターから「ロックマン」のデザインが広く公募することとなります。

『ロックマン』は、1987年にファミコン向けアクションゲームとして発売。以後シリーズ化され、シリーズ累計出荷本数は2,800万本を誇ります。

アジアの国々からどんなロックマンが仕上がってくるのでしょうか。楽しみです。
《土井大輔》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら