デジタルハーツ、上野と京都に新たに拠点を開設、3D関連事業にも参入 | GameBusiness.jp

デジタルハーツ、上野と京都に新たに拠点を開設、3D関連事業にも参入

その他 その他

デジタルハーツは受注の拡大および人員確保のため、ラボ(デバック拠点)として上野と京都を開設すると発表しました。同社では現在、笹塚・横浜・福岡・札幌にラボを構えています。上野は2月15日、京都は3月1日より開設となります。

また、デジタルハーツでは2月1日より2Dコンテンツを3Dコンテンツに変換する事業を新たに立ち上げると発表しています。変換作業には人の手による工程が発生することから、同社がこれまでにノウハウを蓄積してきたテスターを活用できるとしています。

1. 新設予定の Lab.
(1) 名称 :株式会社デジタルハーツ 上野Lab. (ラボ)
(2) 所在地 :東京都台東区東上野一丁目28番9号キクヤビル2F
(3) 開設予定日 :平成23年2月 15日
(4) 主な活動 :ゲーム、携帯電話、アミューズメント機器等を中心とした
ユーザーデバッグサービス及び3Dコンテンツ制作サービス
(5) 開設理由 :受注案件の増加及びテスター人員の確保に伴う体制強化のため

2. 新設予定の Lab.
(1) 名称 :株式会社デジタルハーツ 京都Lab. (ラボ)
(2) 所在地 :京都府京都市南区上鳥羽勧進橋町 29番地2山幸ビル7F
(3) 開設予定日 :平成23年3月1日
(4) 主な活動 :ゲーム、携帯電話、アミューズメント機器等を中心とした
ユーザーデバッグサービス及び3Dコンテンツ制作サービス
(5) 開設理由 :受注案件の増加及びテスター人員の確保に伴う体制強化のため
《土本学》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら