ソーシャルゲーム大手が相次いでポータルサイトと提携 | GameBusiness.jp

ソーシャルゲーム大手が相次いでポータルサイトと提携

その他 その他

FacebookアプリでナンバーワンのZyngaと、ナンバーツーのCrowdstarが相次いで大手ポータルサイトと提携を結びました。

ZyngaはYahoo!との提携を発表。「統合の第一フェーズ」として、Yahooメッセンジャー、Yahooゲームス、MyYahoo、ツールバー、Pulse(SNS)から『Mafia Wars』『FishVille』を遊べるようにしています(こちら)。

この統合はFacebook ConnectとYahooのサービスを横断するYahoo! Application Platform(YAP)を利用したもので、ユーザーはFacebookを経ることなくZyngaのゲームをプレイできるようになります。Yahooは同様の提携をELEX(『関心農場』)やOmgpop(『Cupcake Corner』)とも結んでいます。

一方のCrowdstarはマイクロソフトのポータルサイトBingと提携。Bing Games、Windows Live Messenger、MSN GamesなどでCrowdstarのゲームが遊べるようになりました。将来的にはマイクロソフトの推進するモバイルOS、Windows Phone 7でもプレイできるようになるとのこと。

以前はZyngaも『FarmVille』をMSN Gamesに提供していましたが、取り下げています。理由は公表されていません。

GoogleもZyngaに出資すると共に、ゲームポータルの立ち上げを計画していると伝えられていて、多くのユーザーを抱える検索ポータルのソーシャルゲームへの取り組みが加速しています。ただし、ソーシャルグラフを確立している対Facebookという意味では、どこまで迫れるか疑問もあります。
《土本学》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら