PS3が3Dゲームに対応、Gモード『テトリス』Twitterと連携・・・朝刊チェック(4/26) | GameBusiness.jp

PS3が3Dゲームに対応、Gモード『テトリス』Twitterと連携・・・朝刊チェック(4/26)

その他 その他

本日の朝刊チェックです。

今日は「リメンバー・チェルノブイリ・デー」です。1986年の今日、ソ連(当時)のウクライナ共和国のチェルノブイリ原子力発電所で起きた大爆発事故が発生しました。史上最大級の事故は、原発の見直しも検討されるほど衝撃的でした。放射能による環境汚染も含め、その安全性にたえず警告を発していく日としています。

日経産業新聞4面「PS3のソフト、3Dゲームに対応」
ソニー・コンピュータエンタテイメントは、プレイステーション3で3次元ゲームに対応するサービスを開始しました。インターネット経由でソフトを更新することが出来ます。ブルーレイ・ディスクなどの3D映像を楽しめるようになります。ソニーが6月に発売する3Dテレビを発売する6月に対応ソフトが発売される見込み。
なお、利用するには3Dに対応したテレビとPS3を接続する必要があります。

日経産業新聞4面「『テトリス』をツイッターに点数送信、ジー・モード交流機能で利用拡大」
携帯電話向けゲーム配信のジー・モードは、人気ゲーム『テトリス』とミニブログ「ツイッター」を連携させたゲームを26日に配信します。ゲームのスコアなどをツイッターの自分のページに簡単に送ることが出来るのが特徴。ゲームの話題を通じて友人などと交流できる機能を加えることで、利用者の拡大につなげます。月額料金は315円。

日経産業新聞4面「配信会社にサーバー提供、モバゲーのゲームコスト3割減」
ディー・エヌ・エーは、運営する携帯電話向け交流サイト「モバゲータウン」にゲームソフトを配信する事業者へサーバーを有料で貸与します。ゲーム利用者が増えてサーバー故障の恐れがあるため、自前でシステム構築が難しい中小ゲーム会社を支援します。開発者の機会損失を防ぎ、ゲーム市場に参入しやすい体制を整えます。
《古谷正人》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら