議員が会議中ゲームにハマってクビ−「オレだけがやってる訳じゃない」 | GameBusiness.jp

議員が会議中ゲームにハマってクビ−「オレだけがやってる訳じゃない」

その他 その他

ヨーグルトの国の議員はソーシャルゲームに夢中になるあまりクビにされてしまいました。
  • ヨーグルトの国の議員はソーシャルゲームに夢中になるあまりクビにされてしまいました。
ヨーグルトの国の議員はソーシャルゲームに夢中になるあまりクビにされてしまいました。

ブルガリアはプロヴディフの市議会議員Dimitar Kerin氏には税金でラップトップパソコンが支給されていました。

もちろん「ゲームをするべからず」とお達しがあったのですが、氏『FarmVille』にハマってしまいました。

『FarmVille』はSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上で毎日3000万人以上が遊ぶ農業ゲーム。自分の農場に作物や家畜を配し、これを収穫することでお金を稼いでいきます。

リアルタイムに進行していくのが特徴で、高い利益を上げるにはこまめに農場を覗くことが大事になります。

会議の最中もKerin氏は農場の世話を続け、ついにこれが露見。議長からきつい叱責を受けましたが、別の会議中にまたも『FarmVille』を遊んでいるところを見つかり、投票で免職となりました。

「会議中にゲームを遊んでいたのは自分だけではない」と氏は主張します。

「自分はまだレベル40だが、別の議員はレベル46にもなっている」と暴露しましたが、残念ながら処分は覆らなかった模様です。

プロヴディフは2億ブルガリアレフ(約1億2700万円)をかけて市庁舎を改修、無線LAN環境を整備し議員にラップトップパソコンを配布したばかり。プライベートならともかく、血税を使って会議の最中にゲーム三昧ではクビもやむなしといったところでしょうか。
《水口真》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら