Oculus Questがサブスクリプションモデルをサポートへ―コンテンツを中心としたビジネスモデルを支援するため | GameBusiness.jp

Oculus Questがサブスクリプションモデルをサポートへ―コンテンツを中心としたビジネスモデルを支援するため

サービス毎に契約することで限定コンテンツを利用可能に。

企業動向 戦略
Oculus Questがサブスクリプションモデルをサポートへ―コンテンツを中心としたビジネスモデルを支援するため
  • Oculus Questがサブスクリプションモデルをサポートへ―コンテンツを中心としたビジネスモデルを支援するため
  • Oculus Questがサブスクリプションモデルをサポートへ―コンテンツを中心としたビジネスモデルを支援するため
  • Oculus Questがサブスクリプションモデルをサポートへ―コンテンツを中心としたビジネスモデルを支援するため
  • Oculus Questがサブスクリプションモデルをサポートへ―コンテンツを中心としたビジネスモデルを支援するため
  • Oculus Questがサブスクリプションモデルをサポートへ―コンテンツを中心としたビジネスモデルを支援するため
  • Oculus Questがサブスクリプションモデルをサポートへ―コンテンツを中心としたビジネスモデルを支援するため
  • Oculus Questがサブスクリプションモデルをサポートへ―コンテンツを中心としたビジネスモデルを支援するため
  • Oculus Questがサブスクリプションモデルをサポートへ―コンテンツを中心としたビジネスモデルを支援するため

Facebookは、Oculus Questにてサブスクリプションモデルをサポートすることを発表しました。


このサブスクリプションは、「Xbox Game Pass」のように定額料金で対象タイトルが遊び放題という事ではなく、定額制のコンテンツを中心としたビジネスモデルを支援するために対応したといいます。


本記事執筆時点では『FitXR』、『Rec Room』、『Tribe XR』、『TRIPP』、『vSpatial』、『VZfit』の6タイトルがサブスクリプションサービスを展開しており、これらはNetflixやSpotifyのようにサービス毎に契約することで限定コンテンツが利用可能になるとのことです。


《藤田 幸平@Game*Spark》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら