初期型「PS4」アフターサービス受付が12月25日終了―部品在庫枯渇のため | GameBusiness.jp

初期型「PS4」アフターサービス受付が12月25日終了―部品在庫枯渇のため

自分がもっているPS4本体の型番の確認をしておきましょう。

ゲーム開発 その他
初期型「PS4」アフターサービス受付が12月25日終了―部品在庫枯渇のため
  • 初期型「PS4」アフターサービス受付が12月25日終了―部品在庫枯渇のため
  • 初期型「PS4」アフターサービス受付が12月25日終了―部品在庫枯渇のため


ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、CUH-1000シリーズからCUH-1100シリーズまでの「PlayStation4」本体のアフターサービス受付を2020年12月25日をもって終了します。


CUH-1000シリーズは、PS4発売初期に生産されたシリーズ。CUH-1100シリーズもPS4の発売年である2014年から生産されていました。


今回のアフターサービス受付終了の理由は部品在庫の枯渇であるとのこと。ただし、あらかじめ12月25日までにオンライン修理受付サービスもしくはプレイステーション カスタマーサポートに修理を申し込んでおけば、その後、プレイステーションクリニックにPS4本体を期限内(2021年1月8日まで)に到着するように発送することで修理が受けられます。



なお、PS4本体の型番の確認方法は、こちらのページで紹介されています。

《真ゲマ@Game*Spark》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら