米大統領候補陣営、『ぶつ森』コンテンツでの選挙活動をさらに加速―国内では政治利用中止事例も | GameBusiness.jp

米大統領候補陣営、『ぶつ森』コンテンツでの選挙活動をさらに加速―国内では政治利用中止事例も

今回もバイデン陣営。トランプ陣営はCNN取材に対し「利用予定はない」とのこと。

産業政策 政治
米大統領候補陣営、『ぶつ森』コンテンツでの選挙活動をさらに加速―国内では政治利用中止事例も
  • 米大統領候補陣営、『ぶつ森』コンテンツでの選挙活動をさらに加速―国内では政治利用中止事例も
投票迫る米大統領選。先日にもバイデン陣営による『あつまれ どうぶつの森』の看板が登場していましたが、CNNの報道によれば今度は島形式のコンテンツが登場するに至りました。

「バイデンHQ」と呼ばれる該当の島では、選挙戦の手伝いを促されたり、実生活での投票を勧められたりするとのこと。CNNの取材に対して同陣営は「『あつ森』も含めた全米のあらゆる場所の有権者に訴えようとしている」とコメント。一方でトランプ陣営では同様の計画の予定はないとしています。

『ぶつ森』での政治的活動については、先日の香港での市民活動でも抗議場所のひとつとして用いられていた他、国内でも自民党の石破氏が総裁戦にあたって利用しようとしたケースがありました。ただし後者については、その後、ニンテンドーアカウントの「利用規約違反」であるとする声を受け、計画は中止となっています。
《Arkblade@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら