『Biomutant』ディレクターがマイクロトランザクションを否定 | GameBusiness.jp

『Biomutant』ディレクターがマイクロトランザクションを否定

モフモフがスチームパンクな広大な世界で闘う新作オープンワールド。

ゲーム開発 その他
『Biomutant』ディレクターがマイクロトランザクションを否定
  • 『Biomutant』ディレクターがマイクロトランザクションを否定
  • 『Biomutant』ディレクターがマイクロトランザクションを否定

スウェーデンの開発スタジオExperiment 101 ABの制作する、獣人系オープンワールド型アクションRPG『Biomutant』。今回、本作のディレクターにして開発スタジオの創業者でもあるディレクター、Stefan Ljungqvist氏が海外インタビューにて「マイクロトランザクションはない」と明言しました。

なお、同氏は「メインゲームのクオリティを上げていくのが今は最も大事なことですが、その後でコンテンツを追加できるようになればと期待しています」と、DLCの登場については否定していません。

獣人の様な動物系のキャラクター+スチームパンク系の機械、さらに武術や遺伝子組み換えなどの要素が詰め込まれた『Biomutant』は、THQ Nordicより、PS4/XboxOne/PC向けに発売予定です。
《高橋 良明@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら