『バーチャルキャスト』裸眼立体視表示に対応したアップデートを実施、新たな視聴・放送体験を提供 | GameBusiness.jp

『バーチャルキャスト』裸眼立体視表示に対応したアップデートを実施、新たな視聴・放送体験を提供

VRライブ・コミュニケーションサービス「バーチャルキャスト」は、「The Looking Glass」の表示に対応するアップデートを本日2月7日(木)に実施しました。

ゲーム開発 VR
VRライブ・コミュニケーションサービス「バーチャルキャスト」は、「The Looking Glass」の表示に対応するアップデートを本日2月7日(木)に実施しました。

以下、リリースより引用

◆国内のVRライブプラットフォーム「バーチャルキャスト」が裸眼立体視表示に公式対応



ヘッドマウントディスプレイを装着して楽しむVR体験に加え、放送を通じてVRの外の世界とのコミュニケーションを楽しむうえで、従来の2Dネット放送だけでなく、未来のVR放送のイメージを具現化するべく、このたびの開発に至りました。


「バーチャルキャスト」を「ダイレクトビューモード」に設定した上で、「The Looking Glass」対応機能をONにすると、裸眼立体視に対応した画面で起動することができます。その状態で「ダイレクトビューモード」の「凸(とつ)」を許可している番組に「凸」すると、「The Looking Glass」に「バーチャルキャスト」の世界が立体的に出現し、ヘッドマウントディスプレイ不要で視聴することができます。「The Looking Glass」対応は、単なる視聴対応のみにとどまらず、視野角の調整など以降のアップデートに向けて鋭意開発中です。

●バージョン 1.4.8a
Looking Glass Factory社の製品「The Looking Glass」を使用した表示に対応

■『VRライブ・コミュニケーションサービス「バーチャルキャスト』
公式サイト:https://virtualcast.jp



(C)Virtual Cast, Inc. All rights reserved.

『バーチャルキャスト』裸眼立体視表示に対応したアップデートを実施─新たな視聴・放送体験を提供

《monnchi@インサイド》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら