Oculus VR共同創設者がFacebook退社―PC向けヘッドセット展開縮小の報道もFacebookは一部否定 | GameBusiness.jp

Oculus VR共同創設者がFacebook退社―PC向けヘッドセット展開縮小の報道もFacebookは一部否定

かつて、パルマー・ラッキー氏とともにOculus VRの共同創設者や、その後同社CEOを務めたBrendan Iribe氏は、自身のFacebookページを通じて、Facebookを退社したことを発表しました。

企業動向 人事
かつて、パルマー・ラッキー氏とともにOculus VRの共同創設者や、その後同社CEOを務めたBrendan Iribe氏は、自身のFacebookページを通じて、Facebookを退社したことを発表しました。

Iribe氏は、挨拶の中でOculusに関わった6年間について振り返り、VRについて「旅はまだ始まったばかり」とし、今後も多くの改善や大きな技術革新があるであろう、とし、共に仕事をした素晴らしいチームへと感謝を述べています。また、氏はこの退職について、20年以上にわたるキャリアの中で、初めて取る休憩である、とする旨をコメント。今後暫くの間は充電期間とするようです。

なお、氏の退社に際し、海外メディアTechcrunchは、匿名ソースからの情報として、PC向けハイエンドヘッドセット「Rift 2」がキャンセルされ、今後FacebookはスタンドアローンタイプのVRに舵を切っていく旨を報道しました。これに対し、Facebookは「Rift 2」そのものについては触れなかったものの、今後もPC向けのVRハードウェア・ソフトウェアやコンテンツを提供していく旨を、同メディアやTwitter上で明らかにしています。
《Arkblade@Game*Spark》

関連ニュース

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら