『PUBG』テンセントが中国で120人以上のチート開発者逮捕を支援していたことが明らかに | GameBusiness.jp

『PUBG』テンセントが中国で120人以上のチート開発者逮捕を支援していたことが明らかに

PUBG Corp.の人気バトルロイヤルシューター『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS(PUBG)』について、同作の中国における独占運営権を取得したと報道されているテンセントが、中国国内でのチート関与者逮捕を支援していたことが海外メディアから報じられています。

企業動向 発表
PUBG Corp.の人気バトルロイヤルシューター『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS(PUBG)』について、同作の中国における独占運営権を取得したと報道されているテンセントが、中国国内でのチート関与者逮捕を支援していたことが海外メディアのBloombergから報じられています。

報道によると、テンセントは『PUBG』の正式リリース以降、チートソフトウェアを制作、販売する業者の根絶のため中国当局と協力していたと伝えられています。また、これにより、法執行機関が少なくとも30件の事件を明らかにし、自動ターゲッティングソフトウェアの設計を行ったと思われる人物を120人以上逮捕したとも報じられています。

同作は、ネット上で中国のリージョンロックを求める署名運動が初期目標を達成し、「#RegionLockChina」のハッシュタグが国内外で広がるなど、中国国内におけるゲームプレイに対する注目が高まっていました。
《吉河卓人@Game*Spark》

関連ニュース

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら