遊びながらプログラミングが学習できるロボット「Kamibot」、40か国の子どもたちが勉強中 | GameBusiness.jp

遊びながらプログラミングが学習できるロボット「Kamibot」、40か国の子どもたちが勉強中

人材育成 教育

学習用プログラミング言語Scratchのようなブロックの形のプログラミングアプリを使用する
  • 学習用プログラミング言語Scratchのようなブロックの形のプログラミングアプリを使用する
  • 赤外線センサー、超音波センサーを搭載。本体上部にもサーボモーターを1個備えている
 ソフトバンクの消費者参加型プラットフォーム「+Style」で展開される商品群が、10月25日から31日まで新宿タカシマヤ1階 ザ・メインスクエアにて展示・販売される。遊びながらプログラミングを学べるロボット「Kamibot」(カミボット)は、クリスマス商戦に向けて子どもに人気が出そうな製品に仕上がっていた。

 Kamibotは、対象年齢6~12歳のプログラミング学習用ロボット。スマホの専用アプリで操作できるだけでなく、各種動作をプログラミングできる。赤外線センサーにより地面の黒い線をたどることも、超音波センサーにより障害物を避けてスムーズに走行することもできる。また公式ホームページには無料のペーパークラフトが用意されているので、ダウンロードして組み立てればロボットを好みのデザインに変更できる。価格は25,920円(税込)。

赤外線センサー、超音波センサーを搭載。本体上部にもサーボモーターを1個備えている

 KamibotはDCモータを2個、サーボモータを1個備えており、走るだけでなく、本体上部のギミックを動かすといったプログラムにも対応する。バッテリーは充電式で、120分間の充電で120分間の駆動が可能。担当者の話では今年の8月にリリースして以来、グローバルでは40か国の子どもたちがKamibotで遊びながらプログラミングを勉強しているとのことだった。

遊びながらプログラミングが学習できるロボット「Kamibot」…… ソフトバンクの「+Style」に登場

《近藤謙太郎》

関連ニュース

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら