兼松、米Intertrust社と提携―スマートフォンアプリのセキュリティ分野に参入 | GameBusiness.jp

兼松、米Intertrust社と提携―スマートフォンアプリのセキュリティ分野に参入

兼松は、米インタートラスト社と、スマートフォンアプリを保護するセキュリティソリューションの日本市場でのマーケティング・販売に関する業務提携について合意したと発表した。

企業動向 発表

兼松株式会社は10月19日、米国Intertrust Technologies Corporation(インタートラスト社)と、スマートフォンアプリを保護するセキュリティソリューションの日本市場でのマーケティング・販売に関する業務提携について合意したと発表した。この提携では、インタートラスト社の子会社であるwhiteCryptionが提供する難読化技術および暗号鍵保護技術を用いて、無防備な環境下で動作しているソフトウェアを保護するソリューションを展開する。

同ソリューションは、プログラムのソースコードを平坦化し、外部からプログラムの実行手法を容易に分析できなくする「Code Protection」と、whitebox方式により暗号鍵等の機密情報の判別を難しくする「Secure Key Box」の2つの製品で構成される。同ソリューションの利用により、外部からのハッキングに強いスマートフォンアプリを開発・リリースすることが可能となるとしている。

米Intertrust社と提携、スマートフォンアプリのセキュリティ分野に参入(兼松)

《吉澤 亨史@ScanNetSecurity》

関連ニュース

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら