YouTube、映像ストリーミング配信に“超低遅延”モード実装!―ゲーム実況との相性高まる | GameBusiness.jp

YouTube、映像ストリーミング配信に“超低遅延”モード実装!―ゲーム実況との相性高まる

文化 その他

YouTube、映像ストリーミング配信に“超低遅延”モード実装!―視聴者とのラグを最小限に
  • YouTube、映像ストリーミング配信に“超低遅延”モード実装!―視聴者とのラグを最小限に

映像配信サービスYouTubeは、映像のライブストリーミング配信において、視聴者とのラグを最小限にする“超低遅延”モードを実装したことを発表しています。

YouTubeのクリエイター向けブログでは、この機能を使用することで、ビデオのラグを数秒に抑え、ファンへの質問に答えたり、「Let's Plays」スタイルのゲーム配信中に視聴者からのコマンド入力を、よりリアルタイムで受けることが可能だとしています。また、この機能はYouTubeのライブストリーミングの配信オプション上で簡単に設定できるものであり、特別なソフトやエンコーダの利用は必要ないとのことです。

また、同ブログ内では新機能として、ライブストリーミング中のチャットのモデレーションを簡単にするインラインモデレーション機能と、不適切なメッセージを自動で識別して対応可能なオプトイン機能を紹介。他にも、AppleのReplayKitに対応したiPhoneやiPadのアプリケーションが、YouTubeのアプリからライブストリーミング配信可能となったことが告知されています。

YouTube、映像ストリーミング配信に“超低遅延”モード実装!―視聴者とのラグを最小限に

《Arkblade》

関連ニュース

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら