LINE、東証とニューヨーク証券取引所に上場へ・・・東証が承認 | GameBusiness.jp

LINE、東証とニューヨーク証券取引所に上場へ・・・東証が承認

企業動向 戦略

LINE、東証とニューヨーク証券取引所に上場へ・・・東証が承認
  • LINE、東証とニューヨーク証券取引所に上場へ・・・東証が承認
  • LINE、東証とニューヨーク証券取引所に上場へ・・・東証が承認
LINE株式会社は、東京証券取引所への新規上場の承認を受けたと発表しました。また、10日付でニューヨーク証券取引所への上場に関して米国証券取引委員会に登録届出書を提出する予定だとのこと。

LINEは韓国NHN Corporationの子会社で、2013年4月にNHN Japan株式会社から社名変更をしました。主力事業のメッセンジャーアプリ「LINE」のほか、買収したlivedoorのポータルサイトや「NAVERまとめ」などを展開します。ハンゲームのゲーム事業は分社化したNHN PlayArtに譲渡しています。

直近の2015年12月期(日本基準)の売上高は884億4400万円、経常利益は34億7200万円、当期純利益は△167億4000万円でした。前期は黒字を計上していましたが、課金決済手数料、ロイヤリティ、人件費等の増加、撤退したMixRadio事業の開発コストや人件費などの要因があったとしています。



全世界での月間アクティブユーザーは2016年3月で2億1800万人。特にタイ、台湾、インドネシアというアジアでは強い成長を続けています。一方、6000万人に達した日本や、世界全体での成長ペースは鈍っているようです。

上場日は東証には7月15日、ニューヨーク証券取引所は関係機関の許認可やその他手続きを条件として7月14日の予定です。
《土本学》

関連ニュース

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら