増進会と米プログラミングスクールが業務提携、開講は今夏 | GameBusiness.jp

増進会と米プログラミングスクールが業務提携、開講は今夏

人材育成 教育

Z会
  • Z会
  • Make School
 Z会グループの増進会出版社は、米国でプログラミング講座を行っているMake Schoolと4月19日に業務提携について基本合意したことを発表した。今夏には、Make Schoolのプログラミング講座を日本市場向けの共催スクール事業として展開する予定だという。

 近年、米国ではSTEM教育(ステム:Science、Technology、Engineering、Mathematicsの頭文字)による科学技術人材育成が推進され、日本ではプログラミング教育の必修化の提言や、21世紀型能力としてICT活用が重要な能力に位置づけられるなど、プログラミング教育に対する関心が世界中で高まりを見せている。こうした中、日本における世界基準でのプログラミング教育サービスの提供を目的に、今回の提携に至ったという。

 提携では、Z会が持つ教室事業や通信教育事業、ICTを使用した教育サービスなど総合教育サービスを提供してきたノウハウと、Make Schoolが持つ世界的に高い評価を得るプログラミングスクールやオンライン講座のノウハウといった双方のノウハウを活かし、長期にわたる戦略的パートナーとして、日本で今後急成長が見込まれるプログラミング分野においてZ会ならではのアカデミックな思考力を養うサービスを展開していく予定。

 具体的には、2016年夏にMake Schoolが米国で実施しているプログラミング講座「Summer Academy」のコースを日本国内で開催する予定。おもに中高生を対象とした2~3週間程度の通学型講座で、Make Schoolの講師によるiOSアプリケーション作成コースの開講を予定しているという。会場は都内のZ会グループ内の教室を想定。なお、現在検討中の内容ため変更される可能性もあり、今後詳細が決まり次第Z会Webサイトで発表する。
《畑山望》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら