インターピアとeje、全国のネットカフェでVR体験サービスを開始 | GameBusiness.jp

インターピアとeje、全国のネットカフェでVR体験サービスを開始

ゲーム開発 バーチャルリアリティ

インターピアとeje、全国のネットカフェでVR体験サービスを開始
  • インターピアとeje、全国のネットカフェでVR体験サービスを開始
  • インターピアとeje、全国のネットカフェでVR体験サービスを開始
  • インターピアとeje、全国のネットカフェでVR体験サービスを開始
  • インターピアとeje、全国のネットカフェでVR体験サービスを開始
インターピアとejeは、全国の複合カフェ(ネットカフェ)の店舗内でバーチャルリアリティ(以下 VR)の視聴体験ができるサービス「VR THEATER」を4月7日より本格的に開始したと発表しました。

「VR THEATER」は日本複合カフェ協会と協力のもと導入される店舗常設型HMD VRシアターサービスで、ejeが運営する「VR CRUISE」の各種コンテンツを体験することができます。



第1弾のコンテンツは、これまで各地にて開催されている「進撃の巨人展」でしか体験できなかった話題作「進撃の巨人展360°体感シアター “哮”」 を期間限定で公開。また第2弾として、世界初公開となる「攻殻機動隊 新劇場版 Virtual Reality Diver」完成版(15 分)の公開が決定しました。

第1弾の実施店舗は、関東地区の31店舗が対象に。視聴料金は600円(1回視聴)で、店舗利用料や入会料金は別途発生します。また、第2弾の導入店舗は現在調整を行っており、リリースは2016年5月を予定しています。今後も、優良なVRコンテンツが継続的に配信されていくので、気になる方はその動向に注視しておきましょう。

■「VR THEATER」 サービス
インターピアの開発したコンテンツ課金・店頭決済システムと、eje が運営する高品質360度動画ポータル「VR CRUISE」が連携。店頭でVRコンテンツの購入が可能になり、有料・無料の各種作品を簡単にお楽しみいただけます。国内初となる、店舗での現金決済によるVR視聴サービスで、VRコンテンツの販売チャネル発展を目指します。

(C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会
(C)士郎正宗・Production I.G/講談社・「攻殻機動隊 新劇場版」製作委員会
《臥待弦》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら