Windows 7は「Skylake」以後の新世代CPUをサポートせず―今後は最新OSのみに | GameBusiness.jp

Windows 7は「Skylake」以後の新世代CPUをサポートせず―今後は最新OSのみに

企業動向 発表

Windows 7は「Skylake」以後の新世代CPUをサポートせず―今後は最新OSのみに
  • Windows 7は「Skylake」以後の新世代CPUをサポートせず―今後は最新OSのみに
Microsoftは、Windows 7/8.1のサポートポリシーをアップデートすると共に、今後の最新OSとCPUに関する対応要項を公開しました。

それによれば、Windowsとシリコンプロセッサ(CPU)間における信頼性と互換性を最高域で維持するために、新世代プロセッサが登場した際には最新のWindowsが必要になってくるとのこと。例としてIntelの最新プロセッサ「Kaby Lake」とAMDの「Bistol Ridge」、そしてQualcommの「8996」は、最新のWindows 10のみに対応すると記載しています。

他にもWindows 7/8.1は、2015年にリリースされた第6世代Coreプロセッサー「Skylake」を、現時点より今後18ヶ月後の2017年7月17日までサポート。その後のサポートは、他のデバイスにおける信頼性や互換性を重要なセキュリティアップデートのみに対応します。またWindows 10での「Skylake」は、Windows 7搭載時に比べて30倍良いグラフィックス性能と3倍良いバッテリー寿命を持ち合わせると共に、継続的なパフォーマンス改善のアップデートを実施すると伝えています。

なお、今後のWindowsのサポート期間は2015年7月に発表されており、Windows 7は2020年1月17日まで、Windows 10は2025年10月14日までと告知しています。そのため、Windows 7や8.1を利用しているPCゲーマーは、最新CPUのサポートが「Skylake」までとなってしまうので早期に最新OSへのアップグレードを検証してみるのが良いかもしれません。
《G.Suzuki》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら