『テトリス』がハリウッド映画化決定、開発秘話に迫る―「ラッシュアワー」監督らも参加 | GameBusiness.jp

『テトリス』がハリウッド映画化決定、開発秘話に迫る―「ラッシュアワー」監督らも参加

マネタイズ マーチャンダイジング

『テトリス』がハリウッド映画化決定、開発秘話に迫る ―「ラッシュアワー」監督らも参加
  • 『テトリス』がハリウッド映画化決定、開発秘話に迫る ―「ラッシュアワー」監督らも参加
  • 『テトリス』がハリウッド映画化決定、開発秘話に迫る ―「ラッシュアワー」監督らも参加
複数の海外メディアより、世界的に有名なパズルゲーム『テトリス』をベースにした新たな映画作品の製作が決定したと報じられています。

昨年にはSF映画作品としての銀幕デビューが発表され注目を集めていましたが、新たにアナウンスされた映画版『テトリス』は、旧ソ連のゲームデザイナーであるアレクセイ・パジトノフ氏、そして彼と共に伝説的パズルゲームを世に送り出した人物達にスポットを当てた開発舞台裏的作品になるとのことです。

海外メディアThe Tracking BoardやGameSpotが報じるところによると、今作は巨大SNS“Facebook”誕生秘話を語る映画「ソーシャルネットワーク」に近い手法で描かれる模様。制作陣には「ラッシュアワー」シリーズや「X-MEN: ファイナル ディシジョン」を手がけてきたブレット・ラトナー、そしてマライア・キャリーの恋人としても知られる豪州映画監督のジェームズ・パッカーが参加し、両名が経営するRatPac Entertainmentによる作品になると伝えられています。
《Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら