『ブロブ』の版権、Nordic Gamesが買収 | GameBusiness.jp

『ブロブ』の版権、Nordic Gamesが買収

その他 その他

オーストラリア・ウィーンに拠点を置くゲームパブリッシャーのNordic Gamesは、 2012年に倒産したTHQが所有していたゲームIP『de Blob』の資産売買契約の完了を報告しています。

『Darksiders』や『Red Faction』『MX vs. ATV』シリーズなど、競売へと掛けられた様々なIPをTHQから買い取ったNordic Gamesですが、今回契約を完了した『de Blob』についてNordic Gamesのビジネス/製品開発ディレクターのReinhard Pollice氏は、本作は実に素晴らしく非常にユニークなフランチャイズの1つであるとして、色で溢れた華やかな本作をNordic Gamesの新たな製品の1つとして追加する事に興奮しているとコメントしています。

国内では『ブロブ カラフルなきぼう』として知られる『de Blob』は、ユトレヒト芸術大学の学生達によって2006年に生み出された色がテーマの3Dアクションゲームで、2008年にBlue Tongue Entertainment開発/THQ販売による第一作目がWiiでリリース、ユニークなビジュアルとゲーム性が話題を呼び海外では高い評価を獲得していました。

2011年にはその続編『de Blob 2』がPS3/Xbox 360/Wiiのマルチプラットフォームで登場するも、翌年のTHQ倒産に伴い現在までシリーズは途絶えていました。尚、開発を手掛けたBlue Tongue Entertainmentも親会社のTHQの方針により2011年に閉鎖しています。
《GameBusiness.jp》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら