THQの清算プランをデラウェア裁判所が承認、昨年より続いた一連の破産事件がついに終了へ | GameBusiness.jp

THQの清算プランをデラウェア裁判所が承認、昨年より続いた一連の破産事件がついに終了へ

その他 その他

ビデオゲームパブリッシャーTHQの清算プランがデラウェア裁判所にて承認され、昨年12月より続いたTHQの破産事件が裁判上ではついに終焉を迎えることとなりました。海外メディアBloombergが報じています。
  • ビデオゲームパブリッシャーTHQの清算プランがデラウェア裁判所にて承認され、昨年12月より続いたTHQの破産事件が裁判上ではついに終焉を迎えることとなりました。海外メディアBloombergが報じています。
ビデオゲームパブリッシャーTHQの清算プランがデラウェア裁判所にて承認され、昨年12月より続いたTHQの破産事件が裁判上ではついに終焉を迎えることとなりました。海外メディアBloombergが報じています。

破産裁判所の裁判官Mary F. Walrath氏は、THQが今年1月から行なってきたアセットの清算から得た支払いを債権者が受け取るというプランを承認。THQは今年1月に中心的なフランチャイズとスタジオをオークションにかけ約7,200万ドル、また今年4月にも再度オークションを行い約655万ドルを獲得していました。

開示説明書の清算プランにおけるアウトラインによれば、THQの債権者たちが申し立てていた請求総額は1億4,300万ドルから1億8,400万ドルに及び、その内のおよそ20%から52%を受け取るとしています。ただし欧州の子会社が1億700万ドルを請求しており、これが認可されれば回収率はさらに下がるとBloombergは予測しています。
《GameBusiness.jp》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら