シアトルのスタートアップ、10万人以上がリアルタイム・トーナメントに参加できるプラットフォームを提供開始 | GameBusiness.jp

シアトルのスタートアップ、10万人以上がリアルタイム・トーナメントに参加できるプラットフォームを提供開始

その他 その他

シアトルに拠点を置くスタートアップの  Jawfish Games  が、iOS、AndroidとWebブラウザをまたいで10万人以上のプレイヤーが同時にリアルタイム・トーナメントに参加できるゲームプラットフォームの提供を開始した。
  • シアトルに拠点を置くスタートアップの  Jawfish Games  が、iOS、AndroidとWebブラウザをまたいで10万人以上のプレイヤーが同時にリアルタイム・トーナメントに参加できるゲームプラットフォームの提供を開始した。
シアトルに拠点を置くスタートアップのJawfish Gamesが、iOS、AndroidとWebブラウザをまたいで10万人以上のプレイヤーが同時にリアルタイム・トーナメントに参加できるゲームプラットフォームの提供を開始した。

Jawfish Gamesは、ポーカーのワールドシリーズを主催しギャンブルに関する本の出版経験もあるプロのポーカープレイヤーだったPhil Gordon氏によって設立された企業。当初は氏の経歴に基づきギャンブルモチーフのソーシャルゲームを提供していたが、プレイヤー同士が非同期ではなくリアルタイムにトーナメントで競い合えるようプラットフォームを構築。現時点ではまだ同社が提供する3タイトルにしか対応していないが、今後はサードパーティ製のゲームにも対応予定で、現在パートナー企業を募集している。
《籠谷千穂》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら