シンポジウム「シリアスゲームのビジネスモデルを探る」3月15日福岡にて【告知】 | GameBusiness.jp

シンポジウム「シリアスゲームのビジネスモデルを探る」3月15日福岡にて【告知】

その他 その他

九州大学を中心に産学官連携で実施されているシリアスゲームプロジェクトにて、成果報告シンポジウムが実施されるそうです。シンポジウムではSerious Games Japan代表でエキスパートブログにも参加いただいている藤本氏も登壇する予定です。会場が福岡ですがご興味の方はご確認ください。




シリアスゲームプロジェクトシンポジウム
「シリアスゲームのビジネスモデルを探る」ご案内

春寒の候、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。福岡市委託事業シリアスゲームプロジェクト2年目の成果報告シンポジウムのご案内をいたします。

九州大学を中心に産学官連携で2009年にスタートした当プロジェクトですが、今年度は当初の目的でもあるシリアスゲームの産業化の実現を見据え、より具体的にニーズの見える「リハビリ」「観光」をテーマに選んでゲーム制作を行い、2つのゲームが完成いたしました。

今回のシンポジウムでは、プロジェクト2年目の報告や制作したゲームの紹介は勿論、日本におけるシリアスゲーム研究の第一人者である藤本徹氏と、既にシリアスゲームビジネスが盛んなオランダのユトレヒト芸術大学研究員Micah rehovcsik氏による、国内外でのビジネスを意識した基調講演を行います。

また、トークセッションではパネラーに「ことばのパズルもじぴったん」シリーズのプロデューサーである中村隆之氏をお迎えし、各分野の代表者と来場の皆様と共に国内外においてシリアスゲームをさまざまな分野の融合事業としてビジネス化させる為の、議論を深めたいと考えております。

ぜひ多くの方々にご来場頂き、議論を盛り上げていただければ幸いです。

日時:   2010年3月15日(火) 開場14:00 開演14:30?
場所:   アクロス福岡 円形ホール 
      福岡市中央区天神1-1-1 http://www.acros.or.jp/access/
会費    無 料
主催:   福岡市・九州大学芸術工学研究院
問合せ:  九州大学芸術工学研究院 シリアスゲームプロジェクト事務局
      Tel: 092-553-4499 Email: sa-baba@design.kyush-u.ac.jp (担当:馬場)

*事前登録制とさせて頂きますので、参加ご希望の方は下記ホームページよりお申し込み下さい
http://macma-lab.heteml.jp/sgp

**シンポジウム終了後に懇親会を行います。どなたでも歓迎いたしますので、異分野間の交流や意見交換の場としてぜひご参加ください。登壇者やパネラーの方にもご参加頂く予定です。

 時間:  3月15日(火)18:30?20:30
 場所:  ブロッソ(西鉄イン福岡13F) http://www.blosso.jp/access/
 会費:  ¥3,500 
 申込:  参加ご希望の方は、お名前・所属・ご連絡先(TEL)を記載して3/4までに下記メールアドレス宛にご連絡下さい。
       m_hashi@imaq.kyushu-u.ac.jp (担当:橋谷)
《IGDA日本》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら