アクティビジョンが事業を再編、今後は『Call Of Duty』など4つの柱で展開 | GameBusiness.jp

アクティビジョンが事業を再編、今後は『Call Of Duty』など4つの柱で展開

これまでいくつかの人員削減が報じられてきた、海外メーカーの雄、アクティビジョン。今回、同パブリッシャーの長期戦略として、大きく4つの柱で展開していくと伝えられています。

その他 その他
これまでいくつかの人員削減が報じられてきた、海外メーカーの雄、アクティビジョン。今回、同パブリッシャーの長期戦略として、大きく4つの柱で展開していくと伝えられています。

そのひとつが今や強力なブランドとなった『Call Of Duty』フランチャイズ。二つ目が『Guitar Hero』と『Tony Hawk』。3つ目が版権モノ、4つ目がBlizzard Entertainmentです。

有効な部門への資源の集中による利益の最大化、ヨーロッパ市場でのプレゼンスの拡大を目指した再編とされており、今後は上記の4つに関するタイトルに注力していくと見られています。
《GameBusiness.jp》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら