「Ingressで地域振興」、成功のカギを握るのは? 3枚目の写真・画像 | GameBusiness.jp

「Ingressで地域振興」、成功のカギを握るのは? 3枚目の写真・画像

米Googleの社内スタートアップであったNiantic Labs(ナイアンティックラボ)が開発・運営してきたスマホ向け位置情報ゲーム『Ingress』(以下、イングレス)。2012年11月にベータ版の運用を開始し、2013年10月から誰でもが遊べるゲームとして正式公開された。

産業政策 地方
企業とのタイアップで、ローソンや三菱東京UFJ銀行、ソフトバンクショップなどもポータルとなっているが、今夏は伊藤園がイングレスユーザー向けのキャンペーンを展開、一部の飲料自販機でイングレスアイテムをゲットできる
企業とのタイアップで、ローソンや三菱東京UFJ銀行、ソフトバンクショップなどもポータルとなっているが、今夏は伊藤園がイングレスユーザー向けのキャンペーンを展開、一部の飲料自販機でイングレスアイテムをゲットできる