『Doom』開発者が手掛けた幻のPC版『スーパーマリオブラザーズ3』が発見され博物館に寄贈 | GameBusiness.jp

『Doom』開発者が手掛けた幻のPC版『スーパーマリオブラザーズ3』が発見され博物館に寄贈

ゲームの歴史に新たな1ページが。

文化 寄付
『Doom』開発者が手掛けた幻のPC版『スーパーマリオブラザーズ3』が発見され博物館に寄贈
  • 『Doom』開発者が手掛けた幻のPC版『スーパーマリオブラザーズ3』が発見され博物館に寄贈

2015年に『Doom』のクリエイターでもあるジョン・ロメロ氏が、過去に任天堂に持ち込んだというPC版『スーパーマリオブラザーズ3』のデモの動画を公開していましたが、実際に動作するデータの入ったフロッピーディスクが発見され、「ビデオゲームの殿堂」で知られるストロング国立演劇博物館(The Strong National Museum of Play)に寄贈されました。


2015年に公開された動画

このPC版『スーパーマリオブラザーズ3』は、id Softwareの共同設立者であるジョン・カーマック氏が開発した高速横スクロールグラフィックス処理を用いて1週間で制作されたデモ作品で、1990年に任天堂に売り込んだものの製品化には至りませんでした(その技術は後に『Commander Keen』を生み出した)。


『Commander Keen』

ストロング国立演劇博物館のデジタルゲームキュレーターAndrew Borman氏によれば、デモの入ったフロッピーディスクは匿名のゲーム開発者から寄贈された資料に含まれていたもので、予期せぬ発見だったそうです。


劣化を防ぐためフロッピーはイメージ化され、研究者や関係者の依頼に応じて利用可能になるとのこと。現時点で一般公開は計画されていないものの、Borman氏は「将来的には多くの機会がある」と語っています。


もし、任天堂があの時にゴーサインを出してPC版『スーパーマリオブラザーズ3』が発売されていたらゲーム業界は一体どうなっていたのか、歴史のIFを想像するだけでもワクワクしますね。

《RIKUSYO@Game*Spark》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら