『Sky 星を紡ぐ子どもたち』開発元が国境なき医師団へ1億円以上を寄付―コロナウイルスと戦う人々をサポート | GameBusiness.jp

『Sky 星を紡ぐ子どもたち』開発元が国境なき医師団へ1億円以上を寄付―コロナウイルスと戦う人々をサポート

ゲーム内の利他的な行動が、実際に最前線で働く人々を助けることができたとしています。

文化 寄付
『Sky 星を紡ぐ子どもたち』開発元が国境なき医師団へ1億円以上を寄付―コロナウイルスと戦う人々をサポート【UPDATE】
  • 『Sky 星を紡ぐ子どもたち』開発元が国境なき医師団へ1億円以上を寄付―コロナウイルスと戦う人々をサポート【UPDATE】
  • 『Sky 星を紡ぐ子どもたち』開発元が国境なき医師団へ1億円以上を寄付―コロナウイルスと戦う人々をサポート【UPDATE】

thatgamecompanyは『Sky 星を紡ぐ子どもたち』で開催された「癒しのパック」販売キャンペーンにより日本円にして約1億円以上を調達し、純利益の100%をCOVID-19と戦う国境なき医師団に寄付したことを発表しました。

このキャンペーンは、プレーヤーが特別なフラワーアクセサリーパックを購入し、COVID-19パンデミックの中、最前線で働く人々に感謝の意を示すというもので、4週間に渡って開催。キャンペーンの純利益は全額が募金となりました。


また、ソーシャルディスタンスを保ちながら、手を洗いをして安全に過ごすという世界保健機関のガイドラインのため「#PlayApartTogether」を促進。オンラインコミュニティによってゲームプレイでソーシャルディスタンスを保ちながら、孤立することはない状態を目指しています。

国境なき医師団アメリカの事務局長Avril Benoit氏は、thatgamecompanyと『Sky 星を紡ぐ子どもたち』からのサポートに非常に感謝しており、この緊急事態の中、70か国以上で医療を提供し続けるためにこの寛大さに頼っていると述べています。

一方、同社の共同創設者兼クリエイティブディレクターであるJenova Chen氏は、ゲーム内の利他的な行動が現実の活動に変換され、最前線の人々を助けられるとは予測できなかったとして、口コミと同作へのサポートに感動したとコメントしました。

『Sky 星を紡ぐ子どもたち』はiOS/Androidで配信中。7月8日には1周年を目前にして2,000万ダウンロードを達成しています。

※UPDATE(2020/7/29 11:55):「海外ニンテンドースイッチ」で配信中としていましたが、実際にはまだリリース日は決定しておらず未配信となっています。お詫びして訂正いたします。

『Sky 星を紡ぐ子どもたち』開発元が国境なき医師団へ1億円以上を寄付―コロナウイルスと戦う人々をサポート【UPDATE】

《H.Laameche@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら