ZOTAC、「背負える」VR特化型バックパックPC「ZOTAC VR GO 2.0」発表―39万9,800円 | GameBusiness.jp

ZOTAC、「背負える」VR特化型バックパックPC「ZOTAC VR GO 2.0」発表―39万9,800円

アスクは、ZOTAC社製のVR向けバックパックPC「ZOTAC VR GO 2.0」を発表しました。

ゲーム開発 VR
ZOTAC、「背負える」VR特化型バックパックPC「ZOTAC VR GO 2.0」発表―39万9,800円
  • ZOTAC、「背負える」VR特化型バックパックPC「ZOTAC VR GO 2.0」発表―39万9,800円
  • ZOTAC、「背負える」VR特化型バックパックPC「ZOTAC VR GO 2.0」発表―39万9,800円
  • ZOTAC、「背負える」VR特化型バックパックPC「ZOTAC VR GO 2.0」発表―39万9,800円
  • ZOTAC、「背負える」VR特化型バックパックPC「ZOTAC VR GO 2.0」発表―39万9,800円
  • ZOTAC、「背負える」VR特化型バックパックPC「ZOTAC VR GO 2.0」発表―39万9,800円
  • ZOTAC、「背負える」VR特化型バックパックPC「ZOTAC VR GO 2.0」発表―39万9,800円
  • ZOTAC、「背負える」VR特化型バックパックPC「ZOTAC VR GO 2.0」発表―39万9,800円
  • ZOTAC、「背負える」VR特化型バックパックPC「ZOTAC VR GO 2.0」発表―39万9,800円

アスクは、ZOTAC社製のVR向けバックパックPC「ZOTAC VR GO 2.0」を発表しました。

「ZOTAC VR GO 2.0」は、長時間のVR体験を想定してデザインされたバックパック型PC。取り付けられたショルダーストラップにより少ない負担で快適に背負うことが可能になっているほか、各種ポートが全て上部に備えられているため、コードの混線を心配することなくVRコンテンツを楽しめるようになっています。





また、最大1.5時間のバッテリー駆動にも対応しているほか、排熱機構が体と反対側に設置されているため、暑さに苛まれることなくVRを体験可能です。その他、スペック等の詳細は以下の通りになっています。

  • OS:Windows 10 Pro(64bit)
  • CPU:Intel Core i7-8700T(2.4GHz/ターボブースト時4.0GHz、6コア)
  • GPU:NVIDIA GeForce GTX 1070(8GB GDDR5 256bitメモリ)
  • メモリ:DDR4-2400 16GB(最大32GB)
  • ストレージ:240GB M.2 SSD(2.5インチ SATA 6.0Gb/sスロット×1)
  • 無線機能:802.11ac Wi-Fi、Bluetooth 5
  • サイドパネル:HDMI 2.0×1、DisplayPort 1.4×1、ギガビットイーサネット×1、USB 3.0 Type-A×3、DC12V出力ポート×1、3 in 1カードリーダー(SD/SDHC/SDXC)、ヘッドフォン出力、マイク入力端子、ACアダプター用ポート
  • トップパネル:HDMI 2.0×1、USB 3.1 Type-C×1、USB 3.0 Type-A×3、DC12V出力ポート×1
  • 本体寸法:347.5(L)×280.4(W)×87.1(H) mm
  • 重量:約4.8kg

そんな同商品ですが、予想市場価格39万9,800円前後(税別)にて発売中。オプション製品などに関するその他の詳しい情報についてはこちらからご確認ください。
《吉河卓人@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら