Focus Home Interactiveが2019年の新たなパートナースタジオ作品群を予告 | GameBusiness.jp

Focus Home Interactiveが2019年の新たなパートナースタジオ作品群を予告

Focus Home Interactiveは、2019年に実施されるパートナースタジオとの作品群の予告を公開しました。

企業動向 戦略

Focus Home Interactiveは、2019年に実施されるパートナースタジオとの作品群の予告を公開しました。

予告されたのは全12作品で、先日にも発表されたDONTNOD Entertainmentとの新たな作品だけでなく、『The Surge 2』のDeck13や、『World War Z』のSaber Interactive、Asobo Studio、Passtech Games、Streum On Studioなどの既存パートナーの新作も。なお、Saber Interactiveの1作品および、Streum On Studioの作品はGames Workshopの名称が記載されており、何らかの『Warhammer』関連作品であることを伺わせます。なお、この発表では、「クトゥルフ神話 TRPG」ビデオゲーム化に関する独占権を10年にわたって延長したとしています。


新たなパートナーとしては、Sumo Digitalおよび『EVE: Valkyrie』の開発チームであったSumo Newcastleが発表。また、Gasket Gamesによる新たなGames Workshop関連作品や、Limestone Games、Lightbulb Crewとのパートナー契約も発表されました。

なお、この発表とともに、『ファーミングシミュレーター』や『Vampyr』、『コール・オブ・クトゥルフ』のニンテンドースイッチ版や、『Mudrunner』のモバイル版も海外向けにアナウンスされています。
《Arkblade@Game*Spark》

関連ニュース

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら